【夜間でも通える?】テックキャンプは働いた後でも通えるのか?

Tech camp
引用:テックキャンプ

この記事のまとめ

  • 夜10時までなら教室は開放されているので
  • 夜間休日スタイルは働きながらでも受けられるコース
  • 夜間休日スタイルは挫折率が高いので覚悟を持って受ける必要がある

 

テックキャンプは転職に特化しているプログラミングスクールです。

上場企業への転職実績や未経験からのエンジニア転職には定評があるスクールとなっています。

未経験からエンジニア転職を目指す方にはオススメのスクールとなっていますが、そこで気になってくるのが

『働きながらでも学習ができるのか』

ということではないでしょうか。

しかし、テックキャンプでは働きながらでも無理なく学習することができ、転職を兼ねる『夜間コース』があります。

今回はそんなテックキャンプの夜間コースについてのご紹介です。

 

テックキャンプの概要


まずはテックキャンプの料金やコースについて表にまとめましたので、ご覧ください。

コース エンジニア転職コース
教養コース
イナズマコース
料金 217,800円~1,119,360円(税込み)
転職支援 保証有り
上場企業への転職実績有り
対象年齢 教養コース:全年齢
転職コース:30代まで
オンライン
教室 東京、大阪、名古屋、福岡

簡単に特徴をまとめるとテックキャンプは他のプログラミングスクールと比較した時に以下の特徴があります。

  • とにかく転職に特化したスクール
  • 30代までなら転職支援を受けることができる
  • 技術メンターだけでなくキャリアメンターが付く
  • オンラインとオフラインに対応した学習方法
  • 夜10時まで対応している

この特徴の中に入っていますが『夜10時まで対応』しているというのが夜間コースの一環です。

未経験からエンジニア転職することができるエンジニア転職コースでは学習スタイルを選ぶことができ、働きながらでも転職を実現することができます。

詳しく見てみましょう。

 

学習スタイルは選ぶことが可能


テックキャンプ受講スタイル

エンジニア転職コースには2種類の学習コースがあります。

『短期集中スタイル』と『夜間休日スタイル』の2種類に分かれており、どちらも夜10時まで教室は開放されており、オンラインでの質問受け付けています。

短期集中スタイルでは最短10週間で未経験からエンジニア転職を成功させる短期間カリキュラムとなっていますが、平日の昼間も学習する環境が求められます。

そのため短期集中スタイルは働いてる場合は受けることができません。

働きながらエンジニア転職を目指す場合は『夜間休日スタイル』と選ぶことになります。

夜間休日スタイルの特徴を見ていきましょう。

 

夜間休日スタイルの3つの特徴


Tech camp
引用:テックキャンプ
料金 848,000円(税抜)
目的 プログラミングを学び転職する
年齢制限 20~30代の方
オンライン
転職支援

エンジニア転職コースはプログラミングスキルを学ぶだけでなく企業紹介や面談練習など手厚い転職サポートを一緒にしたコースです。

20代~30代の方限定のコースとなりますが、転職保証まで付いている未経験からエンジニア職に転職したい方にはとてもおすすめできるコースとなっております。

また、エンジニア転職コースではさらに『短期集中スタイル』と『夜間休日スタイル』の2種類に分かれており、働きながらもできるコースは『夜間休日スタイル』というコースです。

夜間休日スタイルのコースは以下の特徴があります。

  1. 半年間かけてじっくり学習する
  2. 平日夜、休日は教室でそれ以外の時間はオンライン学習
  3. 豊富な転職実績

① 半年間かけてじっくり学習する

夜間・休日スタイルでは半年間かけてじっくりとプログラミングを学習していきます。

働きながらだとどうしても勉強時間を確保することは難しいです。

そんな方のために『夜間・休日スタイル』では半年間かけてゆっくりとプログラミングを学んで行くことが可能です。

他のプログラミングスクールなどでは働きながらでも3ヶ月で転職を謳うスクールありますが、かなり厳しいスケジュールとなっており、挫折してしまう可能性がかなり高いです。

働きながらで転職を考えるのであればこのプランのように半年間かけてじっくり転職する準備を整えるのが理想的な学習環境だと思います。

② 平日夜、休日は教室でそれ以外の時間はオンライン学習

テックキャンプ 夜間休日スタイル 学習期間
引用:テックキャンプ

夜間・休日スタイルの学習方法は平日夜、休日は教室で学習しそれ以外の時間はオンラインで学習する形を取っています。

また、オンラインでの学習中も『チャット、テレビ通話』での質疑応答が出来るようになっているのが大きな強みです。

③夜間でも豊富な転職実績

テックキャンプでは99%の転職成功率を誇っています。

そしてそれだけでなく上場企業や急成長しているベンチャー企業への転職実績があるのが大きな点です。

『CyberAgent, Money Forword, GMO COLUD』 あど名だたる企業が転職実績として紹介されています。

転職支援を行っているプログラミングスクールでは転職成功率の高さを誇示するスクールもありますが、スクールで必要なのは成功率と実績です。

いくら成功率が高くても低い賃金で残業ばかりの企業に転職することは望まないですよね。

テックキャンプでは高い転職成功率と実績の紹介が転職支援がしっかりとしている裏付けになっています。

 

最後に:挫折率は高いので覚悟を持って挑戦


働きながらでも通うことができ、エンジニア転職まですることができる夜間休日スタイルですが、短期集中コースと比較すると挫折してしまう方は多いそうです。

夜間休日スタイルの挫折率は約半分にもなっています。

やはり仕事が忙しくなってしまったりなど勉強ができない状況になってしまいがちです。

申し込みをする前に半年間しっかり勉強できる時間が確保できるか、ホントにエンジニア転職がしたいのかということはしっかりと考え挑戦するようにしてください。

テックキャンプは夜間でも通うことができるのかについてご紹介しました。

 

夜間コースでも難しい方は?


テックキャンプの夜間コースは平日10時までとなっており働き方によってはそれでも受講するのが難しいという方もいるかと思います。

残念ながらその場合はテックキャンプでエンジニア転職コースを受けることはベストの選択とは言えません。

そんな方にオススメのエンジニア転職方法は

『副業 で実績を積みながらエンジニア転職を目指す』

という方法です。

具体的な方法を以下で解説していきます。

LP制作案件ができるようになれば副業可能に

プログラミング関連の仕事の中でも簡単な部類とされているのが『LP(ランディングページ)制作』という仕事です。

LP制作とは簡単に言えば商品を紹介する宣伝Webページのことです。

LP制作のメリットは

  • 必要とされるスキルがHTML、CSSのマークアップ言語で難易度が低い
  • 案件が多数募集されている
  • 個人でも受けることが可能

があり、プログラミング未経験の方でもこのLP制作はすぐにできるようになると言われています。

関連記事:LP(ランディングページ)とは?プログラミング初学者におすすめしたいお仕事No1!!

クラウドソージングサービス『クラウドワークス』にて、LPコーディングの案件を検索すると 『1,714件(募集終了含む)』もの案件があります。

クラウドワークス

こうした案件を獲得し、エンジニアとしてもスキルアップしていくという選択肢を取れば、道のりは遠回りになりますが『副収入を得ながらエンジニア転職』を目指すことが可能なのです。

できるだけ料金は抑えながらエンジニア転職を目指したいということはこのような選択肢もあることを覚えて頂ければ幸いです。

【無料体験実施中】『ゼロイチ』はLP制作を最短で覚えられるオンラインスクール


ゼロイチではHTML・CSSを学び実際にLPを制作するためのスキルを学ぶことに特化したスクールです。

最短で30日でLP制作するスキルを得ることができるので、上記のような副収入を得ながらプログラミングを学習したいという方にはオススメのスクールとなっています。

現在、無料体験も実施中です。

どのようにプログラミングを学習していくかが分かる無料体験となっているので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

ゼロイチゼロイチ無料体験はこちら