テックキャンプのそれぞれコースについて解説!イナズマコースは誰にもオススメできない理由とは?

Tech camp
引用:テックキャンプ

この記事のまとめ

  • 3つのコースがある
  • 料金はエンジニア転職が最も高い
  • エンジニア転職は未経験から転職、教養は素養として学ぶ人にオススメ
  • イナズマコースは誰にもオススメできない

 

テックキャンプは転職特化のプログラミングスクールとして注目を集めているプログラミングスクールとなっています。

『学習しても転職ができなかったら全額返金』

『上場企業への転職実績』

など、未経験からエンジニア転職を目指す方にはオススメできるスクールとなっています。

そんなテックキャンプでは3つのコースがあることをご存知でしょうか。

それぞれのコースによって特徴があり、目的によってオススメできるコースも変わってきます。

今回はテックキャンプの3つのコースについてまとめてみましたので、ぜひご覧ください。

テックキャンプの3つのコース


まずテックキャンプには3つのコースが存在します。

  1. エンジニア転職コース
  2. プログラミング教養コース
  3. イナズマコース

それぞれの特徴については以下にまとめましたので、ご覧ください。

転職コース:キャリアチェンジを目指すコース

Tech camp
引用:テックキャンプ

テックキャンプの転職コースではその言葉通り転職を目指すコースとなっております。

コースの特徴としては以下の特徴があります。

  • 通いとオンラインの両立が可能
  • 専属ライフコーチがカウンセリング、学習スケジュールまでをサポート
  • 転職が決まるまでキャリアをマンツーマンでサポート
  • 転職成功率99%
  • 14日間全額返金保証

ご覧の通りプログラミング学習だけでなく転職サポートに特化したコースとなっています。

また、転職コースでは『短期集中スタイル』と『夜間・休日スタイル』の2種類からさらにコースを選択します。

短期集中スタイルでは平日は教室、土日はオンラインで学習し10週間でプログラミングスキル身につけるコースです。

短期でがっつり学習し転職まで最短で目指せるメリットがありますが、日中に教室に通わなければならないので、まとまった時間を取れることが条件になっています。

夜間・休日スタイルでは昼間はオンライン、夜間と休日(週2日)は教室を利用し、半年かけてじっくり学ぶコースです。

オンラインがメインのコースとなっているので昼間は忙しい社会人の方でも学ぶことができるコースとなっています。

 

プログラミング教養コース

テックキャンプ
引用:テックキャンプ

プログラミング教養コースでも就職支援はなくプログラミングをじっくりと学ぶコースです。

この料金に含まれるサービス内容は以下の項目です。

  • 全国6箇所の教室利用
  • 教室での質問対応
  • オンラインで質問対応
  • パーソナルメンターによる個別面談
  • すべてのテクノロジー教材利用
  • オリジナルサービス開発のサポート

就職支援がない分、料金は転職コースよりも安価に提供されています。

イナズマコース

テックキャンプ イナズマ

テックキャンプイナズマは7日間の短期集中でプログラミングを学ぶことができるスクールです。

イナズマコースは以下のような特徴があります。

  • 合計7日間の短期集中コース
  • 全てオンラインでの学習
  • 合計30時間のカリキュラム

仕事で中々時間が取れない方向けのコースになっていますが、このコースは正直を言ってしまうとオススメできません。

理由としては以下の記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください。

関連記事:【テックキャンプ】イナズマコースはコスパが悪い!おすすめできない3つの理由

 

それぞれのコースの料金


テックキャンプではコース毎に料金が変わってきます。

また、通うスタイルでも料金が異なり、具体的には以下のような料金設計となっています。

転職コース

学習コース 一括料金 分割(24回) 分割(12回) 分割6回
エンジニア転職(短期集中) 712,800円(税込み) 855,360円(税込み) 776,950円(税込み) 741,310円(税込み)
エンジニア転職(夜間・休日) 932,800円(税込み) 1,119,360円(税込み) 1,016,750円(税込み) 970,110円(税込み)

教養コース

学習コース 入会費用 月額 3ヶ月合計
プログラミング教養 198,000円 19,800円 257,400円

イナズマコース

学習コース 入会費用 料金
イナズマ 0 217,800円

それぞれのコースの概要について簡単にご紹介しておきます。

 

どのコースがオススメなのか?


目的によってどのコースを選ぶべきかは変わってきます。

今回はそれぞれのコースはどんな人がオススメできるかを現役のエンジニア目線でご紹介していきます。

エンジニア転職:未経験から転職がしたい方

エンジニア転職コースをオススメしたい方は

『未経験からエンジニア転職を目指す』

という方です。

テックキャンプの強みは『経験がなくても受講することができるかつ転職成功率が高い』ということです。

プログラミングスクールの中には受講する前にある程度のプログラミング知識を持っていないと受講することができない、もしくは転職サポートが弱くなってしまうスクールもあります。

しかし、エンジニア転職コースでは

  • 99%の方が未経験者
  • 90%の方が非IT出身者

と0からプログラミングを学習し始める受講者が多い傾向があります。

テックキャンプ 受講者属性
引用:テックキャンプ

そのため、エンジニア転職コースでは未経験からでも学習できるカリキュラムや学習環境が整備されていいます。

  • プログラミングについては何も勉強したことがない
  • パソコンの操作から不安

エンジニア転職したいがなど漠然とプログラミングを学習していくのに不安があるという方には特にオススメです。

30代未経験からエンジニア転職したい方は特にオススメ

中でも

『30歳を超えてエンジニア転職がしたい』

という方は特にテックキャンプのエンジニア転職コースはオススメです。

上記の理由もそうなのですが、30歳以上となると

『転職支援を受けられないスクールがほとんど』

だからです。

ほとんどの転職支援があるプログラミングスクールでは30以上の方になると転職サポートを受けることができないのです。

しかし、テックキャンプはそんな30代は冷遇されてしまう業界の中で唯一支援を行っているスクールとなっています。

30代から一念発起してエンジニア転職を目指す方はエンジニア転職コースをぜひ検討してみてください。

プログラミング教養コース:素養としてプログラミングを学びたい方

プログラミング教養コースは

『プログラミングを教養として学びたい』

という方にオススメできるコースです。

プログラミング教養コースのゴールは『ゼロからオリジナルサービスの開発』を目的としており、教養コースを卒業できればプログラミング一通りの知識は得ることが可能です。

プログラミングを学ぶ目的が何であっても、理想の姿を実現するための最短ステップはゼロからサービスを作りきることです。私たちは過去1万人の受講生にプログラミングを教えてきた経験から、自らサービスを作る過程こそがあなたのテクノロジー思考を飛躍的に向上させると確信しています。
引用:テックキャンプ

プログラミングを学ぶ上では1つのサービスを作ってみることが一番の学習になります。

普段自分が使っているサービスはどうやって作られているのかを知ることができるので、学習自体も身に入りやすいです。

また、パーソナルメンターは教養コースでも付いているので

『学習が続くようにサポート』してくれるので確実なスキルの取得できます。

イナズマコース:オススメできない

イナズマコースは正直申し上げると、誰にもオススメできるコースではありません。

理由としては2つです。

  1. 30時間程度でプログラムを理解することはできない
  2. オンライン限定になることで強制力という強みがなくなった

① 30時間程度でプログラムを理解することはできない

30時間でプログラミングを理解することはかなり厳しいです。

一つの例として、テックキャンプの転職コースの学習時間を出してみましょう。

テックキャンプ転職コースでは600時間分もの学習カリキュラムが用意されているそうです。

それに対してイナズマコースの学習時間はたったの30時間となります。

1/20の学習時間では到底基礎すらも身につけられる学習時間ではありません。

② オンライン限定になることで強制力という強みがなくなった

かつてのイナズマコースは教室に通い講師にみっちり教えてもらうオフライン型のコースでした。

しかし、最近の変更で完全オンライン型のコースとなってしまっています。

そのため、オフライン型のスクールの強みである強制力がなくなってしまったのです。

プログラミングは独学で覚えようとすると9割が挫折してしまうような分野でもあります。

そのためオンラインではモチベーションを維持するのが非常に難しいのです。

挫折をしないためにも、オフラインで強制的に勉強する環境を作ることがイナズマコースの強みだと思っていたのですが、オンラインとなった今ではその強制力はなくなってしまいました。

 

料金を抑えてプログラミングを学習をする方法


テックキャンプの料金は正直言えば高いです。

最も安い教養コースでも20万円以上の費用がかかってきます。

この料金がネックで受講しようか迷っているという方も多いのではないでしょうか。

『高い料金を払わずにプログラミングを学びたい』

という方もいらっしゃるかと思います。

そんな方にオススメなのが

『最短で収入を得られるスキル身につけプログラミングを学習していく』

という方法です。

具体的な方法を以下で解説していきます。

LP制作案件ができるようになれば副業可能に

プログラミング関連の仕事の中でも簡単な部類とされているのが『LP(ランディングページ)制作』という仕事です。

LP制作とは簡単に言えば商品を紹介する宣伝Webページのことです。

LP制作のメリットは

  • 必要とされるスキルがHTML、CSSのマークアップ言語で難易度が低い
  • 案件が多数募集されている
  • 個人でも受けることが可能

があり、プログラミング未経験の方でもこのLP制作はすぐにできるようになると言われています。

関連記事:LP(ランディングページ)とは?プログラミング初学者におすすめしたいお仕事No1!!

クラウドソージングサービス『クラウドワークス』にて、LPコーディングの案件を検索すると 『1,714件(募集終了含む)』もの案件があります。

クラウドワークス

こうした案件を獲得し、エンジニアとしてもスキルアップしていくという選択肢を取れば、道のりは遠回りになりますが『副収入を得ながらプログラミングを学習』をすることが可能です。

できるだけ料金は抑えながら学習したいということはこのような選択肢もあることを覚えて頂ければ幸いです。

 

【無料体験実施中】『ゼロイチ』はLP制作を最短で覚えられるオンラインスクール


ゼロイチではHTML・CSSを学び実際にLPを制作するカリキュラムをご用意しております。最短で30日でLP制作するスキルを得ることができるので、オススメのスクールとなっています。

現在、無料体験も実施しているので、ITの仕事がしたいという方はぜひまずは体験してみてはいかがでしょうか。

ゼロイチゼロイチ無料体験はこちら

まとめ


テックキャンプの3つのコースは料金や目的も全く違ったコースとなっています。

自分がプログラミングをなぜ学びたいのかによって選択するコースは変わってきますので、ぜひそれぞれのコースの特徴は抑えておきましょう。

それぞれのコースについてご紹介しました。